外国人患者さん対応エピソード

最近鎌倉に出かけると外国人観光客を多く見かけます。特に鎌倉高校前駅は、スラムダンクの舞台であり、中国人や台湾人が毎日写真を撮っています。また、湘南は東京オリンピックのヨット会場であり、代表選手が練習や試合などを行ない賑わっています。

 

このように、鎌倉だけではなく日常的に外国人観光客を見ることが多くなってきました。海外旅行が好きな私は、これを機に外国人に鍼灸マッサージを提供したいと思い、日々何ができるか模索しています。言葉の問題だけではなく、文化の問題もあるので最近は海外の情報も見ています。そこで、今日は医学情報を掲載しているCareNet.comで、面白いニュースを見つけたので紹介します。

 

海外では医療機関を受診するときには前払いが主流です。なので治療後に値段を聞いて、支払いを拒否するケースが見られるようです。日本では後払いが主流ですが、海外では前払いが主流なのでこういう事態が起きても不思議ではないですね。

 

ちょっとした情報でも知っているのと知らないのでは雲泥の差が出るので、こういったニュースも見逃さないで見ていきたいと思いました。まだまだ出来ることは少ないですが、こつこつ頑張っていきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です